アーモンドSH

久しぶりの日記…

もう日記ではないですね…月記か年記と言ったほうがいいでしょうか?

ウチにいるアーモンドSHが産卵いたしました。


熊本で学生をしていた時、当時からよく遊んで頂いていた福耳さんと一緒に、まだ1センチくらいの稚魚を10匹購入。
後輩に貰われていったりで現在4匹。4匹中3匹は20センチに成長。もう1は15センチくらいに成長。そして今に至ります。


ここからは発見した経緯と現在の状況を…


六月七日から扁桃腺が腫れてしまい、高熱でダウンしていました。
それが直りかけた昨日11日、寝返りをうち、ふと水槽を見上げると、
水面に赤いものが浮いているのを発見しました。
c0059693_22242532.jpg

「うわっ!カビはえた!」と思って近くに寄ってみると…
鮮やかなオレンジ色の粒が…

「これってタマゴ?」

理解できず、しばらくみていると、4匹中1番ガタイの良い子が、近づく他の子を物凄い勢いで威嚇している。

「やっぱり卵だ…」

そう思った瞬間、他の二匹を隔離せねば!とバケツに水を入れ、卵を散らさないよう細心の注意をしながら掬い上げました。
隔離がおわるとナゼか汗だく…


やはり少し散らばってしまった卵が数個あり、落ち着いたころに一匹のアーモンドが、
鼻先を器用に使い集めていました。


ペアになったのは、1番ガタイの良い20センチ位の子と、1番小さい15センチ位の子。
見た感じ、小さいほうがすらっとした顔をしてメスっぽい…
この子は常に卵の下をホバリング、もしくはクルクルと回っている。常に卵に意識が行っている感じです。
でかいほうはなにをしているかというと、卵の直下で全体を見渡している感じ。
頻繁に見られる行動としては、小さいほうが集まっている卵を鼻先で動かしていることですね。
かびたりしないように常に動かしているのかもしれません。

現在はこんな状況です。
無事に孵化してくれると良いのですが。
温かく見守って行きます。
c0059693_22414466.jpg

[PR]
by ten0629 | 2008-06-12 14:01 | アーモンドSH繁殖


<< 卵発見から一日目… 新居 >>