<   2008年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

孵化から3日目。

今日になって水槽の電気を少し付けてみてみました。

やはり稚魚たちは一箇所に集められています。
すでに孵化直後から比べると、一回り大きくなった感じです。
ちゃんと魚らしく水平に泳いでいますよ。
画像はしたから写してますので少し分かり難いかとおもいます。
c0059693_22552957.jpg

↑この画像のアーモンドは、メスではないかと思われる小さいほうの子です。
小さいほうはこんな感じで常に稚魚たちのしたにいます。
何か顔がスレンダーでやさしく見えます。


この日記を書いている最中、やはり大きいほうが小さいほうを追いかけ始めてしまいました。
もちろん水槽の電気は消してありますが、部屋の電気をつけてPCに向かってました。
今は部屋の電気もけして、日記を書いております。
目には悪いですが、あの子達のため・・・
[PR]
by ten0629 | 2008-06-15 23:00 | アーモンドSH繁殖

卵発見から一日目…

昨日の夜、会社に戻ると嫁から電話が…
あまりにしつこく鳴らすので出てみると、

何かすごく興奮した様子で

「すごいよぉ!」

とのこと。。。
またウチのムスコがなにか目新しいことをしたのかと聞いてみると…


「卵から尻尾がはえて、ピコピコしてるっ!!」って……

えぇぇぇぇっ~~~~~!!!!!!


会社内で先輩達も居たため余りでかい声も出せず、感情を表にはだせませんでしたが、
内心は嬉しさと「もう?(゜.゜)」って感じで笑いたくて仕方がありませんでした(^_^;
そして仕事を終え、帰宅してみてびっくり!!

ホントに孵化している…
アーモンド父母に謝りを入れ、ライトを点灯。
ホントに水面直下でピンコピンコしている稚魚がいました。
c0059693_22472419.jpg



~昨夜(12日)の様子~
親魚の小さいほうは、昨日と変わらず鼻先でつっついていました。
発見当初、カビたりしないように動かしているのかと思われましたが、今考えてみると、
孵化を促していたのかもしれないなぁと…
鼻先でつつかれる度に、稚魚達がワラワラと動いてました。かわいい…
まだ孵化していない卵もちらほら見られ、全てが孵化するまでは
つつく行動はするのではないかと思われます。

孵化した稚魚達はまだうまく泳ぎ回れず、その場でぐるぐるとツイストしています。
これまた、かわいい…
みんながんばれ!って感じになります。
おまけにもう一枚画像をアップ。
携帯デジカメのマクロモードで撮ってみたのですが、
あまり良く映ってませんね・・・
よく見るとヨークサックをつけた稚魚の姿が分かるかと思います。
c0059693_2251152.jpg

c0059693_22513415.jpg




一つ気になることが……
大きいほうが、小さいほうを攻撃し始めました…
ですが、稚魚を攻撃する気配はありません。
少しライトを付けすぎたかなと思い、慌てて消しましたが、少しのあいだ追い回していました。
その隙をついて小さいほうが散らかった稚魚を集めてました。
暗くして暫く経つと追い回す音もしなくなったので、育児放棄をした訳ではないかなぁと思ってます。だが……やはり気になる……

てなわけで、発見から一日で孵化するとは思いませんでしたが、孵化してくれてよかったです。

そこまで気付いてやれなかった自分が情けなく、なんともお恥ずかしい話しです。
[PR]
by ten0629 | 2008-06-13 13:51 | アーモンドSH繁殖

アーモンドSH

久しぶりの日記…

もう日記ではないですね…月記か年記と言ったほうがいいでしょうか?

ウチにいるアーモンドSHが産卵いたしました。


熊本で学生をしていた時、当時からよく遊んで頂いていた福耳さんと一緒に、まだ1センチくらいの稚魚を10匹購入。
後輩に貰われていったりで現在4匹。4匹中3匹は20センチに成長。もう1は15センチくらいに成長。そして今に至ります。


ここからは発見した経緯と現在の状況を…


六月七日から扁桃腺が腫れてしまい、高熱でダウンしていました。
それが直りかけた昨日11日、寝返りをうち、ふと水槽を見上げると、
水面に赤いものが浮いているのを発見しました。
c0059693_22242532.jpg

「うわっ!カビはえた!」と思って近くに寄ってみると…
鮮やかなオレンジ色の粒が…

「これってタマゴ?」

理解できず、しばらくみていると、4匹中1番ガタイの良い子が、近づく他の子を物凄い勢いで威嚇している。

「やっぱり卵だ…」

そう思った瞬間、他の二匹を隔離せねば!とバケツに水を入れ、卵を散らさないよう細心の注意をしながら掬い上げました。
隔離がおわるとナゼか汗だく…


やはり少し散らばってしまった卵が数個あり、落ち着いたころに一匹のアーモンドが、
鼻先を器用に使い集めていました。


ペアになったのは、1番ガタイの良い20センチ位の子と、1番小さい15センチ位の子。
見た感じ、小さいほうがすらっとした顔をしてメスっぽい…
この子は常に卵の下をホバリング、もしくはクルクルと回っている。常に卵に意識が行っている感じです。
でかいほうはなにをしているかというと、卵の直下で全体を見渡している感じ。
頻繁に見られる行動としては、小さいほうが集まっている卵を鼻先で動かしていることですね。
かびたりしないように常に動かしているのかもしれません。

現在はこんな状況です。
無事に孵化してくれると良いのですが。
温かく見守って行きます。
c0059693_22414466.jpg

[PR]
by ten0629 | 2008-06-12 14:01 | アーモンドSH繁殖